フリーローンというものをするとなると、定期的に指定の日取り、銀行口座などから自動引き落としにて引き落しがされていくと思います。TVコマーシャルなどでATMなどから時を構わず支払というものが出来るというように言われていますがそれというのは定期の弁済とは別に支払する事例のことを言及しています。こんな事を早期支払と言いまして全額を弁済支払いを総額一括返済、一部を弁済するようなものを一部分繰り上げ返済と呼びます。どういう事かと言うと、一時的所得などのもので財布に経済的余裕というのが存す際は、自動現金処理機からや振込等により一部分あるいは全額に関してを弁済するということができるわけです。さらにこのような内容の他にも一括支払いにはプラスというものが多くありまして、デメリットというのは完全にありません。長所とは別途によって支払することにより、借入そのものを少なくするというようなことを可能なので支払回数が少なくなり金利も節減でき支払い全額そのものを低減でき一挙両得の返済方法となっているのです。そのかわり留意したい点は、どんなタイミングで早期引き落しするかという点です。金融機関には引き落し日時と他に〆め日がといったものがあるのです。例を挙げますと15日締めであったとしまして来月10日の弁済だと仮定すると、月中以降については翌月の利子を合計した返済額へとなってしまうのです。これは15日以後に前倒し返済したという場合であっても次の月分の支払い金額というものは確定しておりますのでその間に前倒し支払した場合でも次の月分の支払い額に対しては何も効果というものがないのです。よって繰り上げ支払いといったようなものがすぐさま効力を与するようにするには、引き落し期日の明くる日からその次の〆め日の来る前までの間に繰上支払いしておく必要があるのです。ただし、そのような折の金利の額といったものははなはだ少額です。そのくらい気に掛けないという方は随時自由自在に繰り上げ支払してください。そのかわり少しでも節約したいと考える人は、支払い日時から〆までの間に繰上支払しましょう。