重量税とは国産メーカーの自動車もしくはドイツ車というような車の生産している国や四輪駆動車、ステーションワゴンという車体も全て同じでたとえばスズキやボルボ、などにも普通に負担を必須とされている税です。

新車登録をする場合もしくは定期的にある車検の場合に納税が必要になる税金です。

この税額はそれぞれの自動車の大きさにより決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」では違う税金ですのでしっかり理解して一緒にしないようにしてください。

「自動車重量税とはクルマの車重により」「自動車税というものは自動車の排気量で」その額が変わります。

それにより、買取の時の扱いも変わってきますので注意しましょう。

自動車の売却のときには既に支払った自動車の税金がいくら残っていてもその税金が戻ってくるということはないのですが、一方で自動車税の場合は、既に支払った額を査定額に上乗せしてくれるといったケースがありますが重量税に関しては上乗せになるような場合はあまりないのが現状です。

重量税の場合は、自動車の処分時に既に納めた税額が残っているからと言って中古車の買取業者でそのことが忖度されることはほとんどないのです。

なので次の支払い、要は車検に出すまで売るのを少し待ち売るという手法が一番良いです。

車の買取の時は考慮していただけない重量税でも、ある条件のケースだと返還されることがあります。

このケースは車検の効力が残っている廃車にする時。

廃車登録をした時に残存期間に応じた金額が還付されます。

ただし売却の場合はその中古車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。

また、売却する車の名義の変更をしてしまったケースや、盗まれた場合も還付してもらうことは不可能です。

重量税が残っている期間がある自動車を買い取るというのは車検期間がまだある自動車ということです。

店側も考慮しますので、自動車重量税の残存期間があれば、それなりに売却額が上がることでしょう。

勿論買取金額は買取業者次第で違ってきますが車検がまだあるということが忖度されれば、売却する車の買取額と比較するとあまり払い損ということもありません。